パーソナルトレーニングをやろうと思った理由

Pocket
LINEで送る

人生においての私のミッションと感じていること。

私は18歳でアスレティックトレーナーを目指して大学に進学し
毎日アメリカンフットボールやバスケットボール、大学にあるリハビリ施設で
運動選手たちのサポートをしていました。
大学に入って初めてその仕事を目にした時、
「まさに私がやりたいと思っていたことはこれだ」
と感じたことを鮮明に覚えています。
実際はバイトなんかできないくらい時間拘束されて自由もない、、、
という話を聞いたらさすがに一瞬考えてはみたけれど、やっぱりやってみたい、という
気持ちが強く、

次の週には現場実習として「学生トレーナー」になっていました。
大学を出て、さらにATC(全米アスレティックトレーナー協会の準医療資格)というものに

憧れのままこの仕事をするより取得してから働こう、

ということですんなりアメリカ留学を決意。
卒業してすぐにアメリカに渡りました。
ここまでは、おそらく私が思い描いていたとおりの未来でした。

しかし、留学した翌年
母が末期ガンで亡くなりました。

ガンが見つかったときにはすでに手遅れで、
医師からは「余命3ヶ月」という宣告を受けました。
母が危篤になったという電話が来たのは、ちょうど大学のデッドウィーク(試験前)。
頭が真っ白。
私はこんなところにいていいのか?という気持ちと
ちょうど夢に向かって進んでいる山のような自分の道のりが
一気にまったく進めない泥道になったような、、、何とも言えない心境でした。
現実を受け入れられず、ただ涙がこぼれるだけでした。

夢を持って、アメリカに行ったのに、
どうしてこれをやっているのか、分からなくなりました。
アスレティックトレーナーは、健康なスポーツ選手を対象に働く専門職で
生半可な知識では病に苦しんでいる母をどうすることもできない。
それは当たり前なのですが、痛がっている体をさすってマッサージするくらいしか
できなかったのです。
そもそも防ぐことはできなかったのか?
どうして家族みんな気づけなかったのか?

近くにいたら分かったのか?
いろんなことで自分を責めるばかりでした。
月日が流れ、だんだんと心の整理がつき、ちょうど4、5年経った時

私が「トレーナー」として、届けたいことが変わりました。
身体のことに関わり、人との関わりの中で働く

トレーナーの仕事は相変わらず好きだったけれど、

それだけにとどまらず、
トレーナーとして、単にアスリートに特化するだけでなく
身体を動かすことで「健康でいること」「身体を快適にすること」を提供できる。
この考え方に優先順位がいくようになりました。
アスレティックトレーナーという枠を越えたのは、紛れもなくこれがきっかけです。
母はお世辞にも身体のことを気を使っているような人ではなかったので、
いつもどこか痛いと言っていたり体調が悪いことが多かったのです。
病院に行ったり、運動したり、身体をメンテナンスしたり
私たち家族のことが優先になって、

自分のことがおろそかになってしまっている
「お母さん」は世の中にたくさんいると思います。
あるとき、身体が悲鳴を上げているのに気づくと、病気や怪我がやってくるのです。
お母さんが元気でないと、家族も元気でいられない。
私はそれを痛感しました。

気づいた時にはもう遅いということも、身を以て体験しているんです。
私の家族は、お母さんで支えられていた部分がとても大きかったので

その穴は何年も埋めることができませんでした。

パーソナルトレーニングだからできること

世の中のお母さんは、身体を労わる時間が必要なんだと思います。
セッションにはお子さんがいる女性のお客様も多く来られています。
少しでもご自身の身体に集中できる時間があるだけで快適な身体を手に入れてくれたらなぁと思います。

もちろん、私のパーソナルトレーニングのお客様は、「お母さん」だけではありません。
どんな人でも、「健康でいる権利」があります。

そして、自身も身体のことをしっかりと思いやる姿勢が必要なのです。
この協会に対する想いや、世の中に対する使命として、
誰にでも健康でいるための知識やスキルを得る方法があることが私の願いです。
それが本当の意味で「自分を大切にする」ということでもあると思います。

まだまだ身体について知らない人も多く、酷使している人もたくさんいます。
運動をして筋肉をつけて、理想的な体型になることはあくまでトレーニングの目的のひとつ。
偏った身体の見方をしたりせず、もっと

真の健康といくつになっても動ける身体と動きづくり が基準であってほしい。

そんなセッションが提供できるトレーナーをもっとたくさん増やしたり
身体のことを知る機会を増やしていければと思います。

健康をベースにしたフィジカル&ムーブメントトレーニングを



たくさんの方に提供していけたらいいなぁと思います。

そのために一緒に頑張ってくれる仲間も増えたら嬉しいです。

楽しみにしていてください!

Kanae

プライベートセッションのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ

Pocket
LINEで送る

しっかり食べてキレイになる!健康美を目指す女性の選ぶべき炭水化物って?

Pocket
LINEで送る

糖質とは、炭水化物に含まれる栄養素です。

炭水化物に代表される食品は、

お米、パン、パスタ、うどん、そば、イモ類などですが

嫌いな人がなかなかいないくらい美味しいがゆえに、

美しいスタイルを保ちたい女性にとっては、なかなか誘惑の多いもの……

食べてはいけないものなのでしょうか??

そんなことはありません!あなたの身体に対する適量を知って、

賢く食べればたとえダイエット中だとしても食べてもOKです。

 

1日のうち、どれくらいの炭水化物を摂ればいいのでしょうか?

一般女性で1日に必要なエネルギー量は、

普通の生活(OL、営業職なんでも力仕事以外では)

2000〜2400kcalです。

(ダイエットの方でもう少し細かく設定するのは、また別の機会で!)

その中で、糖質によるエネルギー摂取は55~60%

なので、仮に2000kcalを取るとすると

約 700kcal前後を1食で取ることになり

その中での糖質エネルギー量は約380~400kcalとなります。

太るのが気になる女性にオススメな炭水化物は次の3つ。

1.玄米(100gあたり165kcal)

玄米には、デンプンがエネルギーに変わるときに必要なビタミンB1が

たくさん含まれているほか、食物繊維も白米の3倍です!

肥満予防のほか、お通じをよくしてくれます。

カラダに必要な脂肪酸も含まれているので、ダイエットをするならコレ。

 2.胚芽精米(100gあたり167kcal)

胚芽の部分に栄養がたっぷり含まれているので、玄米が消化に悪い、

硬くて食べにくいので苦手という方はこちらでも。

玄米同様に、ビタミンE、B群、なども豊富。

3.蕎麦(100gあたり344kcal)

おそばは約10%タンパク質が含まれています。

糖質を摂りながらタンパク質も摂れます!

また、ビタミンB1や食物繊維が含まれ、腸内環境を整えてくれます。

「ルチン」という成分が含まれており、

ビタミンCを助けて毛細血管を丈夫にする働きがあります。

ビタミンB1は何度か出てきていますが、

炭水化物をエネルギーに変えるために重要な栄養素で、

精神安定や疲労回復効果があります。ほかには豚肉に多く含まれています。

ダイエット中なら、炭水化物にもこだわって!

これらの炭水化物を3食に分けて少しずつ食べてみてください。

穀物以外にも、糖質が含まれている食品はたくさんあるので

やはり食べ過ぎには注意ですが、

カラダに良い栄養素が豊富に含まれている糖質は積極的に摂りましょう♪

玄米は炊くまでにやっぱりちょっと時間がかかるしなぁ・・・という方は、

以前ご紹介したように、玄米:白米=5:5で炊く方法も是非試してみてくださいね。

そのほかには、「茶色い」穀物を意識して摂ること。

白いお米、白いパンも美味しいのですが、それだけだとエネルギー過多に

なりやすいので、雑穀パンや全粒粉のパスタなど色がついているものが理想です。

目先の結果に左右されないで、続けられるダイエットを

糖質制限、糖質ゼロという食べ方は、もちろんすぐに結果は出ますが

普段の食事のなかで半分を占めている糖質を完全にカットすることは

あまりにも現実的ではありません。

痩せますが、筋肉も落ちてしまいますので健康的ではいられません。

綺麗でスタイルよくなりたいのに不健康では、

あなたの目標は達成されませんよね?

炭水化物(糖質)の食べ方は、まず

❤︎自分にとっての適量を知ること

❤︎カラダにより良い糖質を知って、それを少しずつ食べること

です。ライフスタイルに合わせて、できることからはじめてみましょう♪

 トレーニング、ピラティスのプライベートセッションのご依頼はこちらから
お問い合わせ 

Pocket
LINEで送る

”女子未来大学”の授業に参加してきました!

Pocket
LINEで送る

昨日のもう一つのイベント参加。

女子未来大学というイベントに参加してきました!

普段スポーツ関係、男性社会の中で働いているわたしにとっては、

ここに参加されていたようなキラキラな女性に囲まれるとドキドキします。。。笑

 

今回、このセミナー(授業?!)に参加しようと思った理由は、

HASUNA代表の白木夏子さんのお話を聞けるからでした。

去年の3月に今後の活動について考えていた時に、TABILABOのイベントに参加して

すっかりファンというか、お手本にしている女性だったので

過去、今の活動、これからについてお話されるのを聞いてみたい!という想いから参加したのでした。

しかし、いざ参加してみると、いろんな想い、やりたいこと、好きなことをしていて

自らの主体性を持って人生を選択する女性

がたくさんいらっしゃったことに驚きと嬉しさでいっぱいになりました。

一緒のテーブルに座っていた方とも、ワークを通じていろんなお話を伺えたり

ファウンダーの方々も素敵な女性ばかり勢揃い・・・!

刺激を受けまくりました。わたしはちょっと、雰囲気が違いましたが(笑)

それも個性だと思って、前向きに受け止めています!

「自分らしさ」ときちんと向き合うことが、自分で考えて行動し

自主性、主体性を持って生きるということなのですよね。

腑に落ちることがたくさんありました。

何よりも、強くも優しく、しなやかにビジネスをされている方の生の声を聞くことができて

今までにないものを作り上げるチャレンジをより一層強く心に留めて

頑張っていきたいなと思いました。

ご一緒した皆様、ありがとうございました♡

またタイミングが合えば、参加したいと思います!

女子未来大学のページはこちら

トレーニング、ピラティスのプライベートセッションのご依頼はこちらから 
お問い合わせ 

 

Pocket
LINEで送る