《告知》PHIピラティスマットインストラクター養成コース開催

Pocket
LINEで送る

 

PHIピラティスマットI&IIインストラクター養成コースを開催します!

3月にPHIマスタートレーナーになり、この開催を楽しみにしておりました。

今回は佐藤由香マスタートレーナーと一緒に行います。

PHIピラティスのマットエクササイズの方法を細かくわかりやすくお伝えするのは

もちろんのこと、PHIピラティスそのものの素晴らしさ、現場での活用の仕方なども

交えながら楽しく勉強し、体を動かしていければと思います。

パーソナルトレーナー、インストラクター、学生のみなさん

自分にもう一つ武器が欲しい!と思っている方にはオススメです。

ぜひ、ご参加お待ちしています!!

《養成コース詳細》

コース名:PHIピラティスマットI&IIインストラクター養成コース

開催日時:6月18日・25日/7月2日・9日(すべて日曜日)

    全日 10:00〜18:00(1時間の休憩を含む)

場所:
第1~3日目 BODY STUDiO ZERO (東京都千代田区神田神保町1-16-3 TSI神保町ビル1F)

※第4日目 Natuluck水道橋西口・神保町店(東京都千代田区西神田2-4-1 (財) 東方学会 新館 2F)

定員:10名

料金:237,600円 (税込)

実技講習について(PHIピラティスジャパン本部HPより抜粋):

PHI Pilates創始者であり、カリフォルニア大学ペンシルバニア校準教授のクリスティン・ロマニ・ルビィ(理学療法士、ATC) が認めた養成講師による4日間の実技講習を行います。
テキストでは約80種類のPilatesのエクササイズ(応用・修正を含む)を紹介しています。実技講習では、それらのエクササイズを実際に行います。
PHI Pilatesのグループレッスンの進め方やPHI Pilatesマットエクササイズを使ってのパーソナル指導法なども学びます。PHI Pilatesの基本はクライアントに対する「オーダーメイド」の運動処方ですので、筋-骨格のアライメントや姿勢の機能解剖なども学びます。

● 1-3日目 PHI Pilates実技講習

PHI Pilates マットⅠエクササイズ実技などについて学びます。

また、実技講習時に補助資料を用いて、下記の3つの座学講習も行います。

①PHI Pilates JAPAN Original Study Guide Section Ⅰ
~Pilatesの歴史、PMAについて、PHI PilatesとPHI Pilates JAPANについて、
PHI Pilates認定インストラクターの活動例など
Pilatesがどのようなものなのかを学び、さらに現場でPHI Pilatesを活用する
上での基本理念などを学びます。

②PHI Pilates JAPAN Original Study Guide Section Ⅱ
~PHI Pilatesの呼吸法、理想的な姿勢とその評価、触察法
ピラティスの呼吸法を学び、姿勢の評価を実習します。骨のランドマークに触れて
身体のアライメントを評価していくためのテクニックを学んでいきます。

③PHI Pilates JAPAN Original Study Guide Section Ⅲ
~不良姿勢と筋-骨格系のマルアライメント、学習段階に沿った指導法、
PHI Pilatesを用いたパーソナルセッションの指導法
パーソナルで結果の出せるオーダーメイドの運動処方を行う上で知っておくべき
特徴的な身体のマルアライメント(歪み)を学び、さらにその指導方法も学んでいきます。

● 4日目 PHI Pilates 実技講習とPHI Pilatesグループセッション実習
PHI PilatesマットⅡエクササイズ実技などについて学びます。また、PHI Pilatesを

実際に現場で活用していくためにグループセッションの実習も 行います。

また、実技講習時に補助資料を用いて、下記の座学講習も行います。

④PHI Pilates JAPAN Original Study Guide Section Ⅳ
~キューイングテクニック、PHI Pilatesを用いたグループセッションの指導法
グループでセッションを行う際のテクニックや注意点を学び、より効果的な
セッションを行うための方法を学んでいきます。

※養成の日程については、内容が前後する事もございますので、予めご了承ください

 

養成コースへの申し込み・お問い合わせはこちら

PHIピラティスジャパン本部HP

Pocket
LINEで送る

肩こり・腰痛を改善するために、パーソナルトレーニングを受けてみよう

Pocket
LINEで送る

今日は、講師をしている専門学校での補講授業を行いました。

全90分10回ある授業をいろいろ訳あって3時間で教えなければならないので

いろいろと試行錯誤して考えました。

今回のテーマは、

「肩こり・腰痛改善エクササイズを用いたパーソナルトレーニング方法」でした!

卒業生も聴講として授業を受けに来てくれたので、

こういう場所・機会がもっと作れればいいなと思いました。

肩こり・腰痛があったら、マッサージに行くよりパーソナルトレーニング

肩こり・腰痛など「痛み」があると、

誰しもが「マッサージに行こうかなぁ」と思ってしまうでしょう。

辛いと毎週毎週行きたくなってしまいますよね。

しかし!

約半分以上のその「痛み」というのは、運動することによって改善する可能性があります。

万が一それが整形外科にいく必要があるほどのケガであれば、トレーナーはドクターを紹介します。

それを見極めることができるのも、パーソナルトレーナーとしての仕事なんです。

 

たとえば、お客様に「痩せたい」という目的のもと「スクワット」をたくさんやっていて

腰痛になってしまったら、もうパーソナルトレーニングを受けられないのでしょうか?

NOです!

むしろ、腰痛がある人に運動をさせることのほうが大切ですし

そもそもトレーニングをして痛みが出ないように運動をさせることは必要不可欠ですよね。

ボディメイクに留まっていたら、お客様のニーズには答えられないでしょう。

こんな感じで、毎回学生はわたしの話を聞いています(笑)

口すっぱく、耳にタコができるくらい伝えているのが

動けない人を動けるようにすることのほうが、パーソナルトレーニングとして価値がある

ということです。

運動できる人、したいと思える人が増えるってことですからね。

身体のさまざまな部位が機能改善されて、楽しく快適に身体を動かしたい!

と思える人がもっと増えていくように、学生の指導や授業も地道に頑張りたいと思います♪

 

ちなみに、

何の授業を教えているかというと・・・

私の持っている授業は、「ペアストレッチ&機能改善」といいます。

前期はペアストレッチをひたすらやって技術をマスターし

後期はそれぞれの部位ごとに、痛みや不快な状態をどう改善していくかの講義&実技です。

どちらもパーソナルトレーニングセッションを意識した内容になっていますし、パーソナルトレーニングにはとても大切なスキルになります!

現場ですぐ使えるように工夫しています。

あとは、「スポーツ外傷・障害」と「機能解剖学」です。

こちらは、アスレティックトレーナーとして専門分野ですが

パーソナルトレーナーを目指す学生向けに少し簡潔にしています。

明日から新年度、新社会人トレーナーデビューする学生も頑張ってもらいたいですね!

 

トレーニング、ピラティスのプライベートセッションのご依頼はこちらから 
お問い合わせ 

 

Pocket
LINEで送る