パーソナルトレーニングの価値とは?

Pocket
LINEで送る

今日のセッションであった本当のお話です。(ストーリー風に)

週1回でパーソナルトレーニングを受けてくださっているお客様。

とても物静かな50代男性で、見学の時からなんとなく半信半疑な顔をしていました。

後日体験セッションを行うことになり、回数を重ねていくにつれ少し表情は柔らかくなったものの、どこか固い。

最初のカウンセリングでは、

「ベンチプレスができなくて、3ヶ月くらい経っても肩の痛みが引かないので困っている」

とのことでした。

いろいろ評価してみると、肩はインピンジメント症候群を起こしていました。

 

今日、トレーニングを始めて1ヶ月ちょっと。

「調子はどうですか?」と聞くと、

「かなりいいです!すでに4ヶ月くらいずっと痛かったのがほとんど痛みがなくなりました!

重さは抑えているけどベンチプレスをやり始めました。」

と嬉しそうな顔をして話してくれました。

 

でも、ここでビックリなことが発覚・・・・!

このお客様、

・以前も別の場所でパーソナルトレーニングを受けていたのです。(しかも超有名なジムです)

・10ヶ月ほどセッションを受けていて肩が痛くなり、ベンチプレスもできなくなってしまった

・3ヶ月くらいお休みをしても一向に肩は治らなかった 

・特に整形外科などを勧められることもなかった

・そして、そこのジムは退会した

らしいのです。。。

身体を良くしたい、というお客様の目的を果たしているのか

わたしのビックリポイント分かりますか?

 

どうしてパーソナルトレーニングを受けているのに

肩が痛くなってトレーニングができなくなり、

お客様は痛みを抱えているのでしょうか?????

 

本当、なんとも言えない気持ちになりました。

ご自身でいろんなトレーニングをされているんだろうなぁ、、、

と、そこまで突っ込んで聞いていなかったのですが、、、まさかの。

(問診が足りなかったのは私も反省です。)

ちなみに、

今では機能改善エクササイズを行っていたので関節可動域もしっかり戻り、

軽めの重さで胸も鍛え始めつつ

どちらかというと機能できていない背中を中心にストレングストレーニングをしています。

"トレーナー"と"トレーニー"の違い

お客様は、トレーニーではありません。

健康になりたくて、何か自分の目的を達成したくて来られています。

パーソナルトレーナー、トレーナーさんの中には、自分のトレーニングが好きで

毎日ウエイトトレーニングをしていて、ボディビルやベストボディといった大会に出場することがキャリアを上げていくことだと思っている方が多いと思いますが

きちんと「できない人をできるようにする指導」ができなければトレーナーとは言えません。

しかも、トレーニングをさせて相手をマイナスにさせてしまうようでは、、、

私たちの存在価値は、どこにあるんでしょうか??

 

あまりにも衝撃的でした・・・。

 

身体に関する知識とトレーニングの指導力があって初めて処方ができる

この仕事の質を高めるのに終わりはないということは確かですが

「ちょっとトレーニングが好きで、自分がトレーニングできる」という

ハードルはあまりにも低すぎる。

それで、被害を被るのは、クライアントさんになるわけです。

運動の初心者をトレーニング指導をするということに責任を感じてほしいです。

そして、もっともっと自分の指導力を高めていくために努力が必要です。自分がトレーニングをすることにプラスして。

 

学生を指導している立場として、いちパーソナルトレーナーとしてお願いいたします。

トレーナーの価値を下げず、みなさんで上げていけるようにしたいと思っています。

「トレーナーをやりたい!」と思っている若い世代のためにも

「トレーナーが必要!」と思ってくれているクライアントの方々のためにも

きちんと正しいトレーニング指導と身体のケアができるようになりましょう。

このお客様の一件で、私の中で一気に火がつきました。。。

引き続き、自分にできることを頑張りたいと思います。

Pocket
LINEで送る

ピラティスとヨガって何が違うの?

Pocket
LINEで送る

今年になってピラティスを教えることが増えてきましたが、

ピラティスを初めて行う方には必ず聞かれる質問。

「ピラティスって何?

どんな効果があるの?

ヨガと何が違うの?」

私なりの見解で、ご説明しようと思います。

ピラティスはもともとコントロロジー(Contrology)と言われていました。

創始者であるジョセフ=ピラティスにちなんで後からピラティスと名付けられました。

第一次世界大戦中に従軍看護師であったジョセフピラティスが、兵隊のリハビリに用いたトレーニング法として知られています。

ピラティスは、マットエクササイズだけではなく、道具を使って行うことも特徴の一つです。

現状、マットピラティスが主流なので、ヨガと似ていると思われる方が多いかもしれませんが

(もう少しでリフォーマーの時代が来るはずですよ!♪)^^

ピラティスとヨガには、いくつか違いがあります。

1. 呼吸法

ピラティスは、鼻から息を吸い口から息を吐き、胸郭を広げたり閉じたりを繰り返す「胸式呼吸」を行います。胸式呼吸では交感神経が優位に働くため、筋肉が活発になりトレーニング効果をアップさせてくれます。

ヨガは、鼻から吸い鼻から吐いていきます。また、お腹を膨らませたり凹ませたりという「腹式呼吸」を行うため、副交感神経を優位に働かせます。リラックスしたいとき、筋肉を緩めて伸ばしたいときなどはこちらを用いることが多いです。

2. 動き

ピラティスは、基本的にフローと言って、動きを伴うエクササイズです。一箇所で止まったりすることはなく、関節可動域(関節の動ける範囲)のなかで動き続けます。

ヨガは、ポーズがある程度決まっており、そのポーズを留めて数十秒止まって呼吸を行います。静的ストレッチと同じ効果が期待でき、筋肉もゆっくりと伸張していきます。

3.目的

ピラティスは、最初にも挙げたようにもともとはリハビリの一つとして取り入れられたため、「何かできないことをできるようにする」エクササイズが多いです。猫背や反り腰などの不良姿勢なども目的に合わせてエクササイズを選べば改善が期待できます。また、バレエやダンスなどのパフォーマーも多く、最近ではアスリートの競技力向上のためのトレーニングとしても注目されてきています。

ヨガは、心身のバランスを整えるコンディショニングの要素が強いエクササイズといえます。もともとヨガは瞑想のひとつであり、インドの修行法としての起源があるために精神的なアプローチも多いのが特徴です。ピラティスも心身の鍛錬という意味では同じですが、ヨガのほうがより心・精神を重視しています。

実際は流派やインストラクターによってさまざま

今回ご紹介したのは、私が資格を所有している

PHIピラティスの観点から書いていますし、

流派やインストラクターの個性によっても、実はさまざまです。

クライアントの目的に合わせて、使い道はそれぞれありますし、

どちらも長所・短所があります。

ピラティスインストラクターとしての立場でいうと、

ピラティスはシェイプアップ、機能改善、パフォーマンスアップと肉体的に成果が得られやすいものなので、

ダイエットやボディメイクを希望している方は

ピラティスをお勧めしています。

逆に、ストレスが溜まっている、疲れている、リラックスしたい

というときには、ヨガの呼吸や瞑想、精神集中などで

心身ともにコントロールすることが必要なこともあるでしょう。

共通点として、

体幹(コア、体軸)などを意識して行う運動であること

また、二つとも「ボディワーク」と言われ

自分の体を思い通りに動かせるようにし、運動を通して身体から意識に働きかけるメソッドなのですから

どっちもいいものには変わりありません♪

 

あなたに必要なタイミングで、必要なボディワークを取り入れてみましょう!

 

パーソナルピラティスセッションも受け付けています。

初心者の方は、特にパーソナルがお勧めです

Pocket
LINEで送る

快適なからだをつくること

Pocket
LINEで送る

かなり久しぶりになってしまったけど、お元気ですか。

私はきちんと仕事しています。もうちょいプライベートな時間もほしいけど仕事が趣味ってくらいに好きで充実しているので、あまり苦になってはないですけど、ちょっと旅に出たいです。今月行きます。

最近はいろんなところに出没しつつ、4月からやる新しいことの準備をできたりできなかったり。

時間は有限なので、しっかりと動いていかなければとは思うのですが、いまやることをキチッと終えてから。

転換期として私がいま考えていること。

トレーナーの仕事ってなんだ?

っていう原点。

私はアスレチックトレーナーであり

パフォーマンスコーチであり

パーソナルトレーナーであり

ピラティスインストラクターであり

過去にはマッサージセラピストでもありました。

その時々でいる場所によっていろんな呼ばれ方をするけれど

私が求めていること、相手に帝京したいことはいつも同じだ。

「快適なからだをつくる考え方・方法を伝えること」

トレーニングでも、ストレッチを始めとするコンディショニングでも、

疲れた時に癒しをもとめるようにトリートメントを受けるのでも

栄養たっぷりのごはんを食べるのも、寝るのも、遊ぶのも

すべてはこの考え方がベースとなっている。

少しでも楽に、快適に、ときには力強く動けることを知ってもらって

自分のからだを知って、自分で管理できるようになる人が増えたらなぁ〜

と思っています。

いつまでも健康で、楽しく生きていくために必要なからだ。

「大切さは知っているけど、実際何をしたらいいかわからない」を解決できるトレーナーがたくさん増えたら。

そんな気持ちで、どこにいっても変わらず私のできることを伝えていこうと思います。

2017年はまだ始まったばかり。

わくわくだー!

Pocket
LINEで送る