やり抜く力[GRIT]によって得られるものを生かそう

Pocket
LINEで送る

2倍の努力は才能に勝るというノートを書いたけれど、この本から伝えたいことは続きがある。

やり抜く力は、伸ばせる。内側からでも外側からでも。

外側からの伸ばし方は
親、コーチ、教師、上司、メンター、友人などが影響を及ぼす。

コーチの影響力は計り知れない。

大切なのは、内側からの伸ばし方だ。
順序として、

⒈「興味を掘り下げる」
⒉「自分のスキルを上回る目標の設定をしてそれをクリアする練習を習慣化する」
⒊「自分の取り組んでいることが、自分よりも大きな目的に向かっていることを意識する」
⒋「絶望的な状況でも希望を持つことを学ぶ」だそう。

とくにこの中でキーポイントとなるのは、

「絶望的な状況でも希望を持つことを学ぶ」ことであり、

そのための脳を鍛えることが必要だということ。


成長思考をすると楽観的になり、粘り強くなる。


新しい試練が来てもそれを悲観的にとらえず、粘り強く立ち向かうことができる。

いわゆる七転び八起き、という考え方。


挫折しても、もう一度立ち直れる考え方をつくるのが、希望を持つということなんだろう。
「しょうがない、今回はうまくいかなかったけれど、また頑張ろう」

と考えられる成長思考の人が、粘り強く何度でも挑戦するのだ。

挫折しそうな状況になった時、

「どんなに頑張ったとしても能力がある人には叶うわけない」

という固定思考の人間は、

その先どんなにチャンスがあったとしても努力することをやめてしまうだろう。

反対に成長思考の人間は、

一度や二度失敗しても、大きな目標を成し遂げられなくても、

「この失敗はきっといつか自分の財産となって、もっと大きなことを成し遂げられるだろう」

と考えることができると思う。
そして、またさらに努力するのだ。

人生はマラソンのようなもので、持久力が必要だと思う。

短期間で小さな目標をつくり達成していき、

それがうまくいくこともいかないこともある。

そこで、自分の頑張りが少し足りなかったな、、、と振り返り、また頑張れるかが重要だ。

さらに本の中で興味深かったのは

やり抜く力が強い人たちは、人生の満足度(幸せを感じる度合い、健康状態など)が比例して高くなる

という研究結果も出ているということだ。

やり抜く力。幸福感。成功。幸せ。健康…

人生にぜんぶ必要なもの。だよね?

大学でスポーツをする理由をたまに考える。
(私のような)一般受験で大学に入った者は、

スポーツ推薦で大学に入学し競技スポーツを高いレベルでやれることに対して羨ましくも思う。

アスリートたちは好きなことをやっているのは確かだ。

けれど、アスリートたちには彼らなりの苦労もある。

朝から晩まで練習やトレーニング、年間を通して身体を酷使しながらパフォーマンスを向上させる任務がある。

オフシーズンまでは友達と遊ぶことも実家に帰省する時間もままならない。
でも、とても大切な経験を得ている。

優勝、勝つことはもちろん目標だが、

その過程で得られるものは、絶対的なやり抜く力だと思う。

この能力は、卒業してからもずっと続く社会人としての人生を成功し、

幸せになることができるとても大切なもの。

ずっと競技を続ける人もいるかもしれない。

そういう人たちはもちろん、養わなければいけない力だ。

一流のアスリートは、必ず持っている。
一方、競技を続けない人であっても、

何か一つのことを精一杯取り組み、努力を重ね、自信をつけるという作業が今後の人生にどれだけ希望を与えるんだろうか……?!

と目を輝かしてしまうなぁ。

たとえ結果を出せなくても、得られるものがある。

たとえ、目的としていたものが達成できなくても、

その先にあるさらに大きな目的・目標を達成するために、必要だった失敗も必ずある。
そんな風に捉えることができたら。

受け入れるのはある程度時間がかかるけど、腑に落ちたぁ。
GRIT、何度も何度もおすすめしているけど、読んだ方がいいですよ。

失敗しても明日またトライするように。
成長し続けていきましょ〜もちろん、わたしも。

Kanaepin🐧

Pocket
LINEで送る

やり抜く力[GRIT]によって得られるものを生かそう」への2件のフィードバック

  1. michio nomura のコメント:

    読んでいます。
    全く同感です。高校の教員としてバスケ顧問として「これだけは伝えたい、未来のために。」
    "これ”がピッタリと言語化された、
    そんな本です。まだまだ読み深められそうです。
    そしてこれを、どのようにブレイクダウンして伝えられるか?ワクワクします。
    blog楽しみに読ませて頂いてます。

    • inouekanaeatc のコメント:

      コメントありがとうございます。
      何度も読むことによって、理解が深められる本ですよね。
      中学生、高校生、大学生、世代は違っても、スポーツ、部活をやることで
      人生に与える好影響は計り知れないと思います。

      ブログはいろんなジャンル書いていこうと思います。どうぞよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です