2倍の努力は才能に勝る

Pocket
LINEで送る

最後の悪あがき。みんなにもっともっと自信を持ってもらうために。

何か書評のようになっているけど、本当に感銘を受けた本。ぜひ読んでほしいし、いろんなことに生かせると思う内容。

“GRIT”やり抜く力 byアンジェア・ダックワーク

ダックワーク教授の、やり抜くための方程式↓

「才能」x 「努力」= スキル

「スキル」x 「努力」= 達成

彼女の考えでは、上の方程式が成り立つためには、2重の努力が必要だという。スキルは努力によって生産的になるのだ。

*「才能とは、努力によってスキルが上達する速さのこと」
**「達成とは、習得したスキルを活用することによって現れる成果のこと」

よく、「才能がある」「センスがある」という言葉はスポーツの世界でも飛び交うものだが、それは事実あると思う。しかし、努力によってそれがスキルになり、努力によって向上するのだ。

どんな偉大な達成だって、1日で達成できるわけではない。毎日毎日、血のにじむような努力を積み重ねて、能力を向上させていま現在がある、という人はたくさんいる(今度、ぜひ紹介したい人が2名ほどいる)。

さらに彼女は、こう言っている。

「私の計算がほぼ正しければ、才能が人の2倍であっても人の半分しか努力しない人は、たとえスキルの面では互角であろうと、長時間の成果を比較した場合には、努力家タイプの人に圧倒的な差をつけられてしまう」

才能があってもなくても、努力できるかできないかは非常に重要な能力で、それをやり抜く力(グリット)と呼んでいる。

努力できるということは、ひとつの才能。
いままでの努力が足りていれば、絶対に結果がついてくる。

アスリートであれば、わたしは努力できる選手たちをサポートしたいと心から思っている。もちろん、才能があるに越したことはない。しかしそれも努力できなければ大成しないのだ。それはもう本の中で紹介されているように科学的に証明されている。

私が関わっているチームの選手たちは、本当に努力をする天才ばかり。それが本当に誇らしい。いままでできる限りの努力を積み重ねてきたか?と聞けば、必ずYESと答えるはず。2倍以上の努力、しかも、自主的に取り組める努力。これに勝るものなんてある?

つまりは、

どれだけ情熱を持って粘り強くできるかが成功を決めるということ。

それを絶対に証明できると信じて……

Kanaepin🐧

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です