2016大学バスケットボールチームのシーズンが終了しました

Pocket
LINEで送る

大学バスケの2016年シーズンが天皇杯・皇后杯を持って終わりました。

私が指導・サポートしているチームは男女ともプロ、実業団と当たるところまで

勝ち上がり、学生とプロとの差を見せつけられる結果となりました。

もちろん、勝負しに行った姿勢は持っていましたがやはりプロとの差を埋めるために

必要なこと、取り組むべきことはたくさんあると感じました。

大学のトップチーム2つをカバーという大仕事が2年目を終えて・・・

男子と女子。学生スポーツとは、自由と自主性と自立とは。

いろんなことを考えたシーズンでした。

私の中で答えがある程度はっきりしたこともあり、これからの活動に活かせることは

多いと思います。そういう指導、教育をしていきたい。

何よりも、大学生アスリートに、立派な社会人になってほしい。

それが私の願いだな、と。

努力して、成果を出して、チームを引っ張る4年生の姿が印象的でした。

私も彼らの成長ぶりに負けないくらい、歩みを止めずにしっかりと前に進んでいこうと思います。

たくさんの気づき、涙、感動をありがとう!

img_0042-2

TOKAI SEAGULLS 2016

_img_postthum-php

THCU Wizards 2016

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です